広島県建設労働組合

広島建労とは 組合加入するには 本部・地連 資格・講習 その他 お問い合せ先・アクセス


組合紹介

 各専門部

 社会保障制度

 各地域連合事務所





個人情報保護の考え方

広島県建設労働組合(広島建労) 1957年(昭和32年)7月1日 広島県建設労働組合を結成 

組合を結成

 1957年(昭和32年)7月1日、広島市基町の監督署の2階会議室で、
70人足らずの人員で「広島県建設労働組合」を結成されました。

組合結成の目的
 「建設労働者の生活向上と共同権利、福祉の増進をはかり、技術・技能を高め、広く知識を求めて、社会人としての人格完成を期す」ことを、大きな目的としています。

結成後から現在まで

 組合結成からその間、いろいろの苦難と戦いながら、仲間の団結と行動力によって、今日の広島県下唯一の建設労働組合に発展していきました。大工・左官・瓦・建具・板金・塗装・配管・電工・畳など40数職種の職人・一人親方・工務店主・小規模事業主の集まりで、現在、約12,900人の仲間が加入。建設産業に従事している仲間の強い団結力で組織されています。

組織拡大で組合の「組織力」を大きくすることで、諸要求の実現を…
 広島県下にも、まだまだ組合に加入していない仲間が、たくさんいます。一人ひとりの力は弱いが、団結すればすばらしい力、「組織力」になります。「組織力」を大きくするという目的は、建設労働者の諸要求を実現し、生活の安定と健康を守り、さらに邁進するためです。
 仲間のみんなが団結して行動すれば、諸要求の実現に向けて大きく前進しますし、政治のあり方や、強い者勝ちの経済のしくみについて提言していくことができます。そして建設労働者の暮らしが良くなります。
 平和な家庭で安心して働けるために、広島建労はあるのです。


全建総連を中心に全国各県で運動
 また、建設労働組合は、全国各県でも組織化され、全国建設労働組合総連合(全建総連)を中心として、全国約62万人の仲間が、諸要求の実現に向けて、運動を展開しています。

全国建設労働組合総連合(全建総連) 運動の経緯



(一社)訓練協会・(一社)建築センター協会

 (一社)広島建築共同職業訓練協会

 事業内職業訓練の実施によって、事業に必要な技能労働者を養成し、生産性の向上を図る目的で訓練協会が1958年(昭和33年)に設立されました。

 (一社)広島県建築センター協会


 住宅建設産業および建設技能者の技術、技能などの指導に当たり、県内の建設産業発展に寄与する目的で、建築センター協会が1974年(昭和49年)に設立されました。
 各地域に広島県地域建設業共同登録機構(建設機構)を配置しています。
 
〒733-0013 広島県広島市西区横川新町8番12号 TEL: 082-232-6238 FAX: 082-294-0248
Copyright ? 広島県建設労働組合 since2002. All Rights Reserved.


広島県建設労働組合(広島建労)のトップページ