広島県建設労働組合

広島建労とは 組合加入するには 本部・地連 資格・講習 その他 お問い合せ先・アクセス


広島建労 お知らせ 2018年(平成30年)  
広島建労では、一人親方労災保険はもちろん、事業所の労災・雇用保険も手続きができます。
ご不明な点について、まずはお気軽にご相談ください。


 労災雇用保険 Q&A 】

●労災保険について●

Q1.労災保険とは、どのような制度ですか?

A1.仕事中のケガは原則、健康保険が使えません。そのため仕事中のケガを補償するのが労災保険です。


Q2.労災保険に加入するとどのような補償が受けられますか?

A2.病院代は原則無料です。仕事を休んだときは休業4日目から休業補償が受けられます。その他、障害補償、遺族補償、埋葬料等のさまざまな補償が受けられます。


Q3.現場で労災保険に加入しろと言われましたが、どうすれば良いですか?

A3.労災保険は月の途中からでも加入できます。まずは組合へご相談ください。


Q4.一人親方労災保険だけ入れますか?

A4.組合+労災保険加入が必要です。組合への加入は必須ですが、健康保険は必ず加入というわけではありません。


Q5.施主さんから直接工事を頼まれました。労災保険はどのようにすれば良いでしょうか?

A5.労働者(下請け含む)を使用する元請工事(下請けではない工事)を行う場合、労災保険に加入しなければなりません。その他にも、分譲住宅メーカーや不動産会社から直接工事を請け負う場合も、元請工事となる場合があります。このような場合は、組合へご相談ください。


●雇用保険について●


Q6.雇用保険とは、どのような制度ですか?

A6.失業保険というとイメージしやすいと思います。従業員にかける公的な福利厚生制度です。その他に事業主への助成金制度もあります。


Q7.従業員を雇うことになりました。どのような手続きが必要ですか?

A7.雇用保険に加入する必要があります。(場合によっては、他の社会保険関係も手続きが必要です)


Q8.従業員の雇用保険料はどのように計算するのですか?

A8.月々の給与総額に従業員の負担率をかけてください。


Q9.65歳以上従業員も雇用保険に加入できますか?

A9.これまで65歳以上の労働者は雇用保険に新規に加入することができませんでしたが、平成29年1月1日より、こうした年齢制限は撤廃され、65歳以上でも雇用保険に加入することができるようになりました。なお、平成31年度まで保険料は免除となりますので、事業主・従業員ともに費用はかかりません。従業員が年度当初(4月1日)に満64歳以上であれば、事業主・従業員ともに雇用保険料が免除されます。

〒733-0013 広島県広島市西区横川新町8番12号 TEL: 082-232-6238 FAX: 082-294-0248
Copyright ? 広島県建設労働組合 since2002. All Rights Reserved.


広島県建設労働組合(広島建労)のトップページ